バリフ

レビトラを経済的に利用したいならバリフを選ぼう

レビトラを使用しているけど薬の購入負担が痛いと感じている方にバリフが奨められています。

 

 

服薬している方はご存知でしょうが、レビトラはバイアグラに続き誕生した世界で2番目のED治療薬です。

 

 

有用成分にはバルデナフィルを使用しており、10rと20rがあります。

 

 

体質に合わせて適した用量で服薬します。

 

 

バルデナフィルは水に溶けやすく血中濃度到達時間が早いため、服薬してから直ぐに効果が実感できるのが最大の特徴です。

 

 

また、食事の影響も受けにくいので食後の服薬でも問題はありませんが、食前に服薬すると早くて15分で発現を体感できるでしょう。

 

 

もちろん個人差はあるものの、食後の服薬でも30分〜1時間程度で効果が見られるので、服薬すればスムーズに性行為に移ることができます。

 

 

そんなレビトラですが、1錠1500円〜2000円程度するので価格が安くないのがネックです。

 

 

これを病院で処方してもらう場合、健康保険は適用できないので診察代も含めて1錠5000円程度は必要になり、かなりの負担となってしまいます。

 

 

そこで選ばれるのがバリフです。

 

 

バリフはレビトラのコピー医薬品ですので、薬価が半値〜7分の1程度に抑えられています。

 

ジェネリック医薬品でも世界的な製薬会社大手が開発

製法は異なるものの有用成分はレビトラと同じバルデナフィルを使用しているため、同じ特徴を持って同じ効果を得ることが可能です。

 

 

よって、用法用量・注意事項も原則レビトラと変わりません。

 

 

1日1錠を性行為の1時間ほど前に水と一緒に服薬します。

 

 

場合によっては20rの服薬でも構いませんが、安全性を考慮して10rから始めてみましょう。

 

 

次回の服薬には24時間以上あけてください。

 

 

ED治療薬特有の副作用はありますが、いずれも強い作用ではありません。

 

 

また、レビトラの服薬が禁止されている方はバリフも服薬できないので注意しましょう。

 

 

コピー品ということで安全性は大丈夫なのか不安になりますが、バリフの製造を行っているアジャンタ・ファーマ社はインドを代表する大手製薬会社です。

 

 

1973年に設立、インドのムンバイに本社を構え、2000年にインド株式市場に上場しています。

 

 

5つの工場を持ち、2500人以上の社員を抱え、現在は25ヵ国以上の国で医薬品の販売を行っています。

 

 

もちろんコピー品だけではなく、様々な病気の治療薬の開発にもあたっている通常の製薬会社ですので安全性に関しては問題視する点はないでしょう。

 

 

ただし個人輸入にて入手することになるため、入手ルートには気を付けないとなりません。

 

価格が安く使い勝手に優れるバリフ

現在の日本では、クリニックで処方を受けることが出来るED治療薬が3種類あります。

 

 

その3種類とは、バイアグラ、レビトラ、シアリスです。

 

 

また、2014年5月より東和薬品からバイアグラのジェネリック版が発売されていて、この日本製のジェネリック版ED治療薬の処方を開始するクリニックも現れ始めています。

 

 

さて、海外では日本に先駆けて、以前からジェネリック版ED治療薬が発売されていました。

 

 

バリフもレビトラのジェネリック版として人気の高いED治療薬です。

 

 

この治療薬はバルデナフィルという薬品を主成分とし、バイアグラなどよりも素早く効果が現れることを最大の特徴としています。

 

 

その効果は、空腹時なら服用から15分で現れるとされており、バイアグラと比べて15分の時間短縮を実現しているのです。

 

 

このように効果が早く現れるのは、主成分バルデナフィルが体内で溶けやすいという特徴を持っているためです。

 

 

バリフの効果の持続時間はバイアグラと同等で、最大5時間となっています。

 

 

服用から効果が切れるまでの時間が同じなら、効果の現れが早いほどに実用できる時間は長くなります。

 

 

また、バリフは食事の影響による効果の低下が少ないことも、特徴のひとつです。

 

 

先述した3種類のED治療薬は、空腹時の服用で最も強い効果を発揮します。

 

 

逆にいえば、食後に服用すると効果が弱くなってしまうのです。

 

バリフ(varif)の価格・値段

ただ、食事から受ける影響の度合いは治療薬ごとに違っていて、バイアグラがもっとも食事の影響を受けやすく、レビトラとシアリスは比較的食事の影響を受けにくくなっています。

 

 

レビトラのジェネリック版であるバリフも、比較的食事の影響を受けにくいという特徴を引き継いでいます。

 

 

今までにあげたバリフの持つ特徴を総合してわかることは、バリフはとても使い勝手の良いED治療薬だということです。

 

 

カップルの間でムードが高まった時、タイミングを逃さずにセックスをするために、その即効性が役立ちます。

 

 

また、食事からの影響の少なさは、シチュエーションを選ばない使いやすさにつながります。

 

 

こうした使い勝手の良さが、レビトラジェネリックであるバリフの長所なのです。

 

 

さて、このように使い勝手に優れるバリフは、個人輸入代行業者を通じて入手することが出来ます。

 

 

その価格は非常に安く、10錠入り1箱を1700円前後で購入することが可能です。

 

 

これは、新薬であるレビトラのほぼ10分の1の価格です。

 

 

こうした使いやすさと、価格の安さから、バリフは多くの男性に喜ばれています。